簡単手作り

簡単手作り ほんわか嬉しいハンドメイド 作品備忘録

カテゴリ: チョークアート

5

チョークアート2

 

 

 

 

指でクルクルと色を混ぜるのが楽しい〜♪チョークで落書きしてると時間を忘れて、あっという間に主人が帰ってくるころ。。。ヤバッ、まだ炊事洗濯やってないっ。

材料:

  • 百均で売ってるスタンドタイプの黒板
  • 白の色鉛筆
  • チョーク(油性パステル)
  • 新聞紙
  • 棉棒
  • ボロ布

作り方:

  1. 色鉛筆でフリーハンドでチューリップと文字を薄く書く
  2. 黒板の下に新聞紙を広めにひろげる
  3. それぞれの輪郭をチョークでなぞる
  4. 濃い色と薄い色をずらしながら重て塗る
  5. 色と色の境目を指の腹でクルクルと軽くこする
  6. 木の枠をチョークで大雑把に色を塗る
  7. ボロ布でこすりつけるようにして色をのばす
  8. はみ出たところを棉棒でふき取る
  9. 出来上がったらフィキサチフを吹きかける
  10. 乾かしてまたフィキサチフを吹きかける(しつこく繰り返す)

フィキサチフは油絵の下絵を描いた木炭を定着させるスプレーですが、パステル専用の「スプレー パステル フィキサチフ」と、そうたいして違いは感じないような気もします。

ガーデニングに添えるときは直射日光や雨・風にも耐えるように、油性ペンキ用のオーバーコートスプレー(透明・つやなし)を吹くと屋外でも長持ち

チョークは「ホルベイン アーティスト オイル パステル」が一般的ですが、エセチョークアーティストはクレヨンでもOK。クレヨンは画用紙に書くほうが、色がのびて混ざりやすくチョークアーティスト気分です。

はじめてのチョークアートはじめてのチョークアート
著者:栗田 貴子
エムピーシー(2005-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る





Mikikoのチョークアート教室Miki
koのチョークアート教室

著者:大森 みき子
エムピーシー(2006-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




とっておきの素敵なチョークアートとっておきの素敵なチョークアート
著者:熊沢 加奈子
マガジンランド(2011-04-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




4

チョークアート1

 

 

 

 

玄関先に鉢植えや花に添えてチョークアートで書いたウェルカムボードをいっしょに飾るとなんともいえない温かみが。。。

準備するもの:

  • チョーク(油性パステル)※クレヨンでも可
  • 黒板
  • 棉棒
  • 新聞紙
  • パステルフィキサチフ(ペンキ用オーバーコートスプレーでもOK)

手順:

  1. 下絵を描く(色鉛筆の白で)
  2. それぞれの色のパステルで縁取りをする
  3. 葉っぱは先から濃い緑色、次に薄い緑色を重ねながら塗る
  4. 指の腹で優しく円を描くようにくるくるっと色を混ぜるように擦る
  5. 葉っぱの芯を白で描く
  6. 同じように他のアイテムにも色を塗っていく
  7. はみ出たところを棉棒でふき取る
  8. 塗り終わったらオーバーコートスプレーを吹く
  9. 乾いたら数回繰り返しスプレーする

注意:パステルの粉が散るので新聞紙を広めに敷いておかないとあちこち床に色が!スプレーは30センチくらい離して縦横3回づつくらいでやめておかないと、垂れてしまいます。

綺麗に描くコツ:指で色を混ぜ過ぎないように。同じ箇所を2回以上触らないこと!

 

NHKでも紹介された栗田貴子さんのチョークアートレッスン

はじめてのチョークアートはじめてのチョークアート
著者:栗田 貴子
エムピーシー(2005-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




このページのトップヘ