こんにちは♪  2019年10月、とうとう消費税10%になりましたね。
手作りの材料も送料もどんどん上がる一方。
けれど、値付けは変えずむしろお子様用は値下げしました。
「子育て応援価格」です。

ミシンやアイロン、材料以外の高額なものが壊れた時には値上げも頭をよぎります。
なので大人用のものは付加価値を付けて、少し価格帯を広げました。

パッと見て可愛い♪素敵♪コレ欲しい♪
そう思って頂けるような作品を作りたい♪
そう出来たらといつも思っています。



同じ布小物を作るにも、作る人によって少しづつ手順が違いますよね。
今日はこちらの布小物が出来るまでをご紹介します。

nuno-komono


「薔薇の花がポイントの素敵な眼鏡ケース♪」手順

表布:ミシンパッチしてから接着芯を貼って、
巾13cm× 高さ 20cmにカットしたものを2枚準備します。
※1枚にはポイントになるような柄を使います。

裏布:キルティング 巾13cm×高さ39cmにカット。= 1枚。

途中もこまめにアイロンがけ


表布を中表に重ねて縫い代1cm、両脇と底を縫い袋に表に返します。
(ポイントになる薔薇は下になっていて写真では見えていません)。

裏布は縦長を半分に中表に折り、縫い1cmで両脇を縫い袋にします。
※片脇に、返し口(開き)を 6cm 開けて縫います。

それぞれ袋縫い
↑ 底角の縫い代を斜めにカットします。
表袋・裏袋共アイロンで縫い代を割っておきます。

裏布のキルティングの袋に、表布の袋を入れます。
※定規を入れて奥まで差し込むと綺麗に入ります。

入れ口を合わせる1

表袋と裏袋の入れ口を合わせます。

ミシンの抑え金の幅を目安に入れ口を1周ぐるっと縫います。

入れ口ミシン掛け
※両脇の縫い代をきっちり開いてから合わせます。

返し口から表袋をつまみ出します。

返し口から表袋を引き出す
シワが入らないように優しくつまむ。

続けてキルティングの裏袋も引き出します。

それぞれの袋の形を整える



裏袋の返し口を手縫い(コの字とじ)で、閉じます。

表袋(薔薇)の中に、裏袋(キルティング)を突っ込みます。

ゴロゴロしないように内袋と縫い代を整える
※赤いのはタグです。入れ口にタグを挟んで縫いました。

縫い代がよじれないように整えて、表袋と裏袋が綺麗に重なるように合わせます。
ザクッザクッと大きな針目でしつけてアイロンのスチームを当てて出来上がりです。


綺麗に仕上げるには手間がかかりますね。
縫い代を割る時も合わせる時も縫い代が多めの方が上手く仕上がります。
キルティング布は端糸がほつれやすいものは特に縫い代を多めにとっています。
とはいっても、縫い代の重なりがゴワゴワしたりよじれてしまうので7mm〜1cmくらいに縫った後に縫い代を割ってから切り揃えています。
今日の手順では、底のゴワゴワを防ぐためにキルティング布を縦長にして底の縫い代を省いています。



 
 
9月からお知らせのブログランキングが
上記2つのカテゴリーになりました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

★★★

ミシンでパッチワーク

この生地の購入は

付録付き雑誌は要チェック♪




◆◆◆