2017年 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

.:*:・'°☆。新作。.:*:・'°☆。発表♪。゚☆。+.゚
と、いってもそう代り映えしてないんですけど、 
ファスナーポーチ新作-1

これ系(合皮)素材には珍しく裏地を付けましたv

ファスナーポーチ新作-2

以前大好評だった合皮ポーチですが、長いこと封印していました。
初代合皮ファスナーポーチを出品した時のことなのですが、同じお店に出品していた人に後日似たような品を私の半値以下で大量に販売され、私のは出せば2個に1個は行方不明になるという手痛い目に合い、それ以来ショックで作れなかったしろものです。
楽しく作れて材料費が出ればいいワと気分転換するまでに多少時間がかかってしまいました。

Webに載せるからには世界中の人が見る可能性があるわけで、同じ作るならマネされるようなモノ作りを目指さなきゃ♪
と今はそう考えて、マネして欲しいポイントやコツを紹介するようになりましたv

ここで、ひとつご提案があります。

ご提案というのは、「価格設定」です。
周りの出品者さんの相場を研究してバランスを取って欲しいのです。

例えばみんなが500円で順調に売れている品物を、一人だけ最初から250円に価格設定しての販売は売れるかもしれませんが、みんなが250円じゃないと売れなくなって、材料費や経費が赤字になり作るのをやめてしまい、結局は買うのを楽しみにしている人たちがさみしい思いをする。。。
もしくは値上げせざる負えないなど、これは極端な例ですがこんなことも起こり得るのです。

目に見えない経費も含めてみんなが継続して楽しく手つくりが出来るように考えて価格設定していただければと思います。

売れないものは2〜3割引き後、半額に設定せざる負えない時もあるでしょう。
売れ残った商品の材料代、紛失分も計算に入れて、赤字にならない価格設定も考慮する必要があります。
ハンドメイドはりっぱな自分で営業する自営業です。
売れない商品をいつまでも並べておくのもイメージダウン。
考え方は人それぞれですが、私は早めに友達にプレゼントするようにしています。


2015-1-2funsitu